飛散防止フィルムのある生活~危険から身を守るための備え~

様々なものを使って家の防犯を行なう必要性

フィルムで安心

地震や台風などの災害時に窓ガラスが割れるのを防ぐ働きがある飛散防止フィルムは、割れて飛び散るといった大惨事を防ぐことができます。また防犯目的として使用する人もいます。

Read More

ダクトの設置

ダクトを設置したいと考えている人や、新たなダクトと取り替えたいと考えている人はこのページをご覧ください。このページではダクトの必要性や機能性について記載しています。

Read More

油の処理

海に流出した油を回収するためには、油処理剤を使用します。油処理剤を使用するには国からの許可が必要です。個人の独断で使用することは禁じられているため、注意しましょう。

Read More

プラスチック

プラスチック容器のメリットは、なんといっても落としても割れないため怪我をする心配がないということです。また、固いけど柔らかく軽いといった特徴を活かして様々な場面でも活躍しています。

Read More

災害にも便利

高いクオリティの建築シートを制作してもらいたいならコチラに依頼してみましょう。低価格で高品質に仕上げてくれますよ。

高品質の飛散防止フィルムを販売しているこちらはたくさんの人が防災に利用しています。災害の多い日本にはこのような準備が大切です。

災害で意外に怖いのがガラスの飛散。

残念なことに、私たちは地震、台風など災害そのものを避けることはできません。しかしながら、備えることによって被害を最小限に食い止めることは可能です。ガラスの飛散を抑える飛散防止フィルムもそのひとつ。家の中をぐるっと見渡してみるとガラスでできた部分が多いことに気付くでしょう。窓ガラスはもちろんのこと、食器戸棚や本棚、もしかするとドアにもガラスがはまっているかもしれません。こういった家庭内のガラスは割れて床に散らばるととたんに凶器になります。逃げる時にガラスを踏んで怪我をしたり、そもそもガラスが散らかって逃げ遅れたりすることもあるでしょう。また、2階以上の家の窓ガラスが割れて下に落ちると、大けがにつながることもあります。そんな二次災害を防ぐためにも飛散防止フィルムによる備えはしておきたいものです。

家の中、手の届く場所ならDIYで簡単に貼れる。

東日本震災が起きてから、飛散防止フィルムシートは比較的身近なところで購入できるようになりました。ホームセンターなら大抵の店で手に入りますし、スーパーでも販売されている場合もありますので、まず試しに小サイズのモノを購入して、食器棚などに貼ってみると良いでしょう。サイズは、比較的幅の狭い家具などに貼る100センチ幅から、窓ガラス用の125〜127センチ幅など用途に合わせて揃っていて、メーカーによっては切り売りにも対応しているようです。購入の際に大切なのは、JIS A 5759規格に適合した商品を選ぶこと。いざ災害という時に役に立つよう、商品性能についてはきちんと確認したいものです。また、飛散防止フィルムの寿命は永遠ではありません。効果が期待できるのは10年ほど。ついつい忘れてしまいがちですが、貼り直しのメンテナンスも必要だと覚えておきましょう。普段からの備えと心の準備があなたの命を災害から守るのです。

油をたくさん使う食品加工会社の方は注目です。こちらの油処理剤は環境を汚すことなく処理をすることができるのでおすすめです。

まとめ買いにおすすめ!土のう袋の購入なら、通販サイト人気の高いダッシュバッグが選ばれています。使い勝手がいいですよ。

すごいプラスチック

私たちの身近にあるプラスチック製品はどのようなものがあるのかご存知でしょうか。このページではプラスチック製品についてや、プラスチック製品を制作するのにかかる時間などを紹介しています。

Read More